The CSO Italy European Art of TasteプロジェクトがAsia Fruit Logistica 2019でデビュー

欧州の味覚プロジェクトのアジアでのデビューであり、欧州連合およびCSOイタリアに関連する企業によって資金提供されています:Apofruit、Origine Group、Kingfruit、Joinfruit、Mazzoni、Oranfrizer、RK Growers(Hall 3B stand F20)これは、Asiafruit Logisticaとともに、共通の展示エリアであるInfiaとCIVにあり、188平方メートルの集合スタンドで、イタリアの果物と野菜のトップ製品と企業を強調します。

2019年から2021年までの3年間活動する欧州の味覚プロジェクトは、総予算360万ユーロで、香港、中国、台湾、日本の市場で重要なコミュニケーション活動を提供します。

アジアフルーツロジスティックフェアは、参加するイタリア企業のトップマネージャーの出席、フェアでのすべての専用資料の配布、および予約されたイブニングイベントの開催により、アジアのプロジェクトコンテンツの真の出発点となります。平均。

展示エリアでは、香港に拠点を置くシェフのマルコ・マッジョがイタリアのサポリ・ディ・マッジョのケータリングで特別に用意したメイド・イン・イタリーのグルメ製品の試飲でお客様をお迎えします。

イタリアはヨーロッパを代表する果物と野菜の生産者として長い伝統があり、安全と健康を守るための厳格な規則に従って栽培された製品の品質で世界的に認められています。 30年以上にわたり、イタリアの果物と野菜は統合された生産ガイドラインに従っており、現在ではヨーロッパのモデルになっています。

特に果物や野菜に適した生産エリアでは、独特で認識可能な品質の結果を得ることができます。

キーウィは、11月から5月までのマーケティング期間にアジア市場で入手できる主要製品です。

イタリアは最近、40万トン以上のキーウィを生産しています(CSOイタリアのデータ)。たとえ生産の可能性があれば合計で約600,000トンを提供でき、中国に次いで世界第2位です。

イタリアのキーウィは、グリーンキーウィからイエローキーウィ、最近導入されたレッドキーウィまで、最も要求の厳しい市場の要求を満たすことができる差別化された製品ラインナップを備えた統合生産で現在利用可能です。

キウイに加えて、アジアのイタリアの生産環境では、レッドオレンジは、11月から4月に市場で入手可能な並外れた品質の製品であり、多くの科学的研究によって確認された健康要件を備えた主要な役割も果たします。

新聞稿

CAMPAIGN FINANCED WITH AID FROM THE EUROPEAN UNION
THE EUROPEAN UNION SUPPORTS CAMPAIGNS THAT PROMOTE QUALITY AGRICULTURAL PRODUCTS